Make your own free website on Tripod.com
■TopPage

女の子のしくみと働き 【性器編】

女の子の体を理解しよう。

性器には、外から見ることができる外性器と、外からはみることができない内性器とがあります。
外性器には、大陰唇、小陰唇、クリトリス(陰核)、クリトリス包皮、恥丘、
膣前庭、膣口、外尿道口、処女膜、バルトリン線、会陰があります。
内性器には、膣、子宮、卵管、卵巣があります。

これらの一つひとつについて、簡単に説明しておきましょう。


外 性 器

恥丘
思春期になると、陰毛が生えてくるところの下に、 恥骨と呼ばれる骨があります。
恥骨の上は皮下脂肪でおおわれ、ふっくらと盛り上がっています。
恥丘には、思春期ごろから、別名陰毛と呼ばれる性毛が生えてきます。
毛根組織の分布には個人差があって、おへその下あたりから肛門近くまで、
濃い陰毛が生えている女性もいれば、恥丘の上に薄い陰毛しか生えていない女性もいます。

大陰唇
恥丘の下から肛門のすぐ近くまでの割れめをおおう、唇のような左右のヒダをいいます。
成熟女性では、このあたりまで陰毛が生えています。
大陰唇は、尿道口や膣の入り口をやわらかくおおって保護します。

小陰唇
大陰唇の内側にあり、膣口や尿道口のまわりを、左右からおおうようにしている
小さなヒダです。前はクリトリスをおおうようにはじまり、うしろは会陰の近くまであり、
大陰唇同様に色素沈着しやすく、年齢とともに黒褐色をおびてきます。

クリトリス(陰核)
小陰唇の上端にある小さな突起が、クリトリスです。男性でいえばペニス(陰茎)に相当し、
その構造もよく似ています。
性的な刺激に対して非常に敏感に反応し、勃起します。このクリトリスで、性的な
快感を強く覚える女性が多いようです。

クリトリス包皮
クリトリスをおおっている小陰唇の上端のヒダです。男性でいえば、ペニスをおおっている陰茎包皮です。
性的な刺激で興奮すると、この包皮がむけてクリトリスがふくらみます。

膣前庭
大小陰唇に囲まれた部分で、前方にはクリトリス、やや後方に膣口、
クリトリスと膣口のほぼ中央に尿道口があります。
この部分も血管と神経が豊富で、性的刺激や興奮によって充血します。

外尿道口
クリトリスのすぐ下にあります。膀胱からつづいている尿の排出口ですが、ちょっとわかりにくく、
膣口との役割の区別がついていない人もいるようです。
男性の場合は、尿と精子は同じところからでますが、女性の場合には、ここからは
尿だけが排出されます。
尿道口は、尿道括約筋という筋肉によって入口がしめられ、尿がもれないようになっています。
排尿のときには排尿反射神経の働きで入り口の筋肉がゆるんで尿がでます。

膣口
外尿道口の下にあります。膣の入り口で月経血はここからでます。
やわらかい粘膜でできていますが、柔軟性に富み、性行為や出産に耐える強靭さもあります。

処女膜
膣口の少し奥にあって、膣口をおおうように存在する膜状の組織です。
処女膜と呼ばれていても、実際には膜になっているわけではなく、中央に小指1本が入る
くらいの穴があいています。この穴から月経血が流出しますし、セックスの経験が
なくてもタンポンが使えるわけです。
ほとんどの場合は、はじめての性行為で破れますが、ときには激しいスポーツや
タンポンのだし入れで破れることがあります。
伸縮性の程度や破れやすさなどには、個人差があります。

会陰
大小陰唇のつながっている部分から肛門までのあいだを会陰といいます。
非常に伸縮性に富み、強靭で、お産のときには赤ちゃんの頭がでられるだけのびます。
まれに伸びきらずにさけることがあるので、最近のお産では、事前にこの部分を切って
児頭がでやすくする会陰切開術がおこなわれます。

バルトリン腺
肉眼ではわかりにくいのですが、膣口の左右にある、えんどう豆大の分泌腺です。
バルトリンという医師がこの腺の存在を発見したので、バルトリン腺と呼ばれています。
この腺は思春期ごろから発達しはじめ、成熟女性になると性的な興奮で薄い
乳白色の粘液を分泌し、セックスの際にペニスの挿入をスムーズにする役割をはたします。
一方、細菌に侵されやすく、炎症をおこすと2倍、3倍の大きさに赤く腫れあがって、
強い痛みや発熱をおこします。



内  性 器


膣口から内部へと筒状に7〜10cmの深さで子宮頸部にいたる器官です。
内部はたくさんのヒダがあり、やわらかく伸展性の大きい粘膜でおおわれています。
このヒダは、ふだんは互いに触れあい、閉じたような形になっていますが、
セックスのときにはペニスが挿入できるように広がります。
またお産のときには、赤ちゃんの頭が通過すつほどに伸展性をもっています。

子宮
膣の奥には子宮があります。女性にとって子宮は大切な性器なので骨盤でしっかりと保護されています。
子宮は長さ8〜9cm、内膣7cm、重さは約50g程度の袋状で、西洋ナシを逆さに
したような形の臓器です。すぐ前には膀胱、うしろには直腸があります。
子宮の左右には、腕を広げたような形の卵管がついています。

子宮頸部
洋ナシ型のくびれて細くなった部分が子宮頸部です。そのなかで、膣の内部に
飛びだしている部分は子宮頸部といい、膣に指を深く入れると触ることができます。
この子宮頸部の膣側に開口している子宮口を外子宮口と呼びます。
外子宮口は鉛筆の芯が入る程度のごく細いもので、指などはとても入りません。
通過できるのは内腔からでる月経血と、外から進入する精子だけです。
しかし、お産のときには赤ちゃんが通れるほどに大きく開きます。

子宮体部
洋ナシ型のくびれより上の部分で、子宮全体の3分の2を占める大きな部分です。
子宮体部の壁には厚い筋繊維が縦横に走り、驚異的な伸縮性をもっています。
この厚い筋肉層に囲まれた、わずかな空洞が子宮腔です。

子宮腔のまわりは円柱上皮という腺組織がおおっていて、子宮内膜と呼ばれています。

卵管
子宮体部の上方に伸びる、約10cmほどの細いやわらかい管です。
卵子を卵巣から子宮へ運ぶので、輸卵管とも呼ばれます。
卵管は子宮に近い部分から卵管間質部、卵管狭部、卵管膨大部にわかれ、先端には卵管采部があります。

卵巣
卵管に抱かれるような形で、左右に一つずつぶらさがっています。大きさは3センチ程度、
親指の頭くらいの灰白色をした臓器です。
さほど大きくはないこの卵巣のなかには、胎児器から100万個の未成熟な原始細胞がつまり、
1個の卵胞のなかに1個の卵子が入っています。